マンション雨漏りの責任と対策

マンション雨漏りはいったん起きてしまうと大きなトラブルになりかねません。
屋上はマンションの共有部分としてマンションの管理組合が管理することに定められています。


しかし、天井などは区分所有者のものとされているので責任の所在が問題となり裁判などのトラブルに発展してしまうことがあります。

ただ、マンション雨漏りは賃貸マンションであれば責任の所在は明確になります。
住人は大家さんに家賃を支払い、大家さんは通常に生活できる住環境を提供する義務があります。雨漏りしているような部屋では通常通りに生活できる環境とは言えませんので、雨漏りした時点でその責任はそのマンションの所有者である大家さんが修理する義務があります。
分譲マンションでのマンション雨漏りは、その管理をしっかりすることで防ぐことができます。

マンション雨漏り情報をお教えします。

これは、マンションの管理組合の行うべき仕事です。



管理組合では多くの場合、管理会社との契約によって管理を委託しています。

しかし、委託している分、まかせっきりになってしまいその管理が行き届かないまま放置され、気が付いた時にはかなりの老朽化や損傷していることがあります。このようなことを防ぐには、管理会社に任せっきりにするのではなく、そのマンションに住んで生活の中で建物の特徴などを理解している住民が主体的に保守や点検ができるようになることが理想的です。



建築に詳しい人が住んでいなくても、住人が点検してこれは大丈夫なのかと疑問があれば管理会社に相談することで、放置しておいていい問題なのか、緊急に修繕したほうが良いのかの判断は行ってくれるはずです。