こんな家雨漏りは危険です

家は生活をする上で大切なものです。



しかし、寿命があり日頃からメンテナンスを行っていれば直ぐに異変に気が付きますが、気を使ってチェックをしている方は多く有りません。


何かあった時に初めて気が付くのが殆どで、家雨漏りもその一つです。天井にシミが付くほどの雨漏りは、以前から徐々に漏れている事が多く気が付いた時には腐食が進んでいる場合があります。部材を取り替えて修理可能な場合もありますが、最悪の場合は建て替えの必要もあります。


家雨漏りで一番多いのが経年劣化によるものです。

屋根で劣化が進めば、瓦がずれたり、鋼板屋根が錆び穴が空いたりします。

外壁では、モルタル塗であればひび割れや欠け落ち、サイディングでは凍害や紫外線・酸性雨によりボロボロになります。また、窓廻りでは、防水シーリングが硬化したり収縮したりでひび割れが起きます。

外壁や屋根材は10年を目処として何らかのメンテナンスは必ず考えなければいけません。今は良くても、施工会社に一度相談するのもおすすめです。
家雨漏りは、場所によっては耐久性に大きく影響します。屋根で起きれば天井全体に広がり、壁で起きれば柱や土台まで腐る可能性があります。

更に、建物全体を覆うグラスウール断熱材が一度濡れれば性能が極端に落ちてしまいます。



壁から漏れた水は壁に現れずに床に現れる場合もあります。家が腐食すれば湿気を好むシロアリが寄り付く事になり、更に悪化する事があります。



少しでも疑わしい場合は早めのメンテナンスが大切です。