家雨漏りの原因について

家雨漏りになる原因の大部分が、屋根の劣化によるものだとされています。



屋根は紫外線が直接あたる部分なので、家の中でも劣化しやすい分です。
スレート屋根や瓦屋根など様々な素材の屋根がありますが、全て同じように劣化をしますから、定期的なメンテナンスが必要になります。ただ屋根の状態を普段から確認することはないため、家雨漏りが起こって初めて屋根が劣化していたと気づくことが少なくありません。


スレート屋根の下には、防水シートが敷いてあり、その下が木造などの建築資材になっています。
屋根がずれたり、スレートとスレートの間のコーチングが劣化してしまうと、その隙間から雨水が入り込んでしまいます。



防水シートが機能していれば家雨漏りは回避できますが、防水シートも寿命があるため破れてしまったりして、雨漏りを引き起こすことになります。

家雨漏りをしたら、屋根だけを交換したり補修するのではなく、屋根素材の下の防水シートも取り替えておくと安心です。


防水シートの寿命は15〜20年とされていますから、屋根を修理するときに交換しておくと安心です。
防水シートが破れて、建築資材にまで雨水や湿気が達していた場合は、部分的に建築資材を切り取って補修する大工仕事が必要になります。



湿気を含んだ木材や鉄筋は、腐食を起こしたりサビを発生させることにつながって家の強度を弱めてしまいますから、屋根の下まで雨漏りをしたときは補修をすることが欠かせません。